News

MXPX BASHING AWAY IN STUDIO FOR NINTH ALBUM

Record Due Out Later This Year
Los Angeles, CA, July 7, 2011 – 筋金入りのPunk Rockバンド MxPx は現在スタジオで年内にリリース予定の9枚目となるフルアルバムを制作中だ。アメリカ ワシントン州を拠点に活動する Mike Herrera [ヴォーカル,ベース]、Tom Wisniewski [ギター]、Yuri Ruley [ドラム] の3人は pop punkを新たに変化させるべく熱のこもった作業に取り組んでいる。オフィシャルサイト www.mxpx.com にレコーディングスタジオでの動画がアップさているので是非チェックしてもらいたい。
現在のところアルバムタイトルは未定とのことだが、フルアルバムとしては2007年のSecret Weapon (Tooth & Nail Records)以来となり、まさに待望の作品といえるだろう。
ワシントン州のMonkey Trench StudiosにてMike Herrera自身がプロデュースする新たな作品はLife In Generalなどの彼らのアルバムを踏襲するだけでなくMxPxの新たなサウンドとなるに違いない
さらにこのアルバムには2010年に活動休止を発表したYuri Ruleyが参加しており、彼は既にレコーディングを終えているそうだ。現在スタジオではギター、ベース、ヴォーカルの仕上げの段階に入っているとのこと。
アルバムの為に用意された曲は20以上、その中から12〜14曲ほどに削っていく作業も並行して行われている。
プロデューサーでもあるMikeは「今回は特に膨大なアイデアをベースラインに取り入れているんだ。いろいろなところに手を加えて更に曲を膨らませる作業を楽しんでいるよ。」と語る。彼らはLeft Coast Punk EPのレコーディング中に制作されたデモがいくつかあり、今回のレコーディングまでの間にそれらを更に進化させることができたという。
またMxPxとして過去最高のアルバムに仕上げる為にはメンバーそれぞれのスケジュールを尊重することも不可欠だ。
Secret Weaponのリリース後、MxPxは2009年にカバーアルバム On The Covers II (Tooth & Nail Records)、Left Coast Punk EP、Punk Rock Christmas(共に彼らのレーベルRock City Recording Company)を送り出してきた。いずれにせよ、これまでのアルバム全てが現在制作中の新アルバムへの序曲とも言えるであろう。

User login